バナー

合宿免許の食事について

合宿免許では、ドライビングスクールの近くにあるホテルに宿泊するか、またはドライビングスクールの敷地に建つ宿舎に泊まりがけで、運転免許証の取得をめざします。
比較的かんたんに取得が可能とされるマニュアル車の運転免許のコースであっても、だいたい2週間程度の合宿期間となりますので、その期間の食事をどうするかというのはなやみどころであるといえるでしょう。


合宿免許にはさまざまなプランが用意されていますが、多くのプランでは、合宿免許の期間はすべて、すなわち朝昼晩の三食が込みの料金となっています。


朝と夜はホテルか宿舎のレストランで食事が出され、昼は午前と午後の教習の合間にドライビングスクールの建物内にある食堂でランチをとることになります。



この食事のメニューについても、バイキング形式で好きなものを好きなだけ食べられるようにするとか、ご当地名物になっている食べ物が食べられるとか、なんらかの工夫があることが多いので、期間中の最大の楽しみといっても過言ではないかもしれません。そのいっぽうで、食事がつかない合宿免許のプランというものもあります。

その場合にどうするのかといえば、食材をドライビングスクールの近くで現地調達して、宿舎のなかで自炊をするのです。

そのためのミニキッチンのような設備はととのっていますので、あとは料理の腕さえあればなんとかなります。



もしも自炊をしたくないという場合でも、ふつうはドライビングスクールの近くのレストランなどで外食は可能です。